カテゴリー別アーカイブ: 会長の三鉄日記

早くも久慈―盛間が開通・4月1日 プレ開通式


当会主催の開通式を行いました。盛岡市にある大の三鉄ファンの店「里伊・さい」に、三鉄社員から寄贈された三鉄車両HOゲージの模型による開通式です。店には久慈駅から盛駅まで一貫鉄道レールが敷かれ、本物の開通より一年早く開通させました。店内は三鉄ポスターがあちこちに貼られ、三鉄鉄道写真や三鉄グッズだらけの徹底した三鉄ムード一色となっています。本物の開通式は来年3月23日。南リアス線と北リアス線の間のJR山田線が結ばれ、三鉄に運営が移管され163キロの第三セクター鉄道日本最長となります。テープカットには、三陸鉄道中村一郎社長や岩手県観光課平井総括課長、当会会員の岩手大学越野教授ほかお店の常連たちが小さなテープに小さなはさみでテープカットを行いました。このプレ開通式には関係者や三鉄ファンなど60名が集まり、大変盛り上がりました。本当の鉄道は、現在JR東日本が一生懸命復旧作業をしております。立派に生まれ変わる宮古―釜石間にテスト走行が行われるのは秋ごろになります。試験走行のあと三鉄に移管され、3月23日本当の開通式となります。三陸沿岸の大半(久慈―盛)がすべて三陸鉄道で結ばれることになります。開通する2019年には、6月から「三陸防災復興プロジェクト2019」、そして「ラグビーワールドカップ釜石」が行われるなど、三陸色の強い年となります。当会は、三陸鉄道の黒字化を応援し、これから様々なイベントを企画して応援して参ります。会員の皆様、応援の皆様、イベント実施のご案内を今後どしどし発信していきますので、大きなご協力をお願い申し上げます。

会長の「三鉄日記」

謹賀新年  新春のお慶びを申し上げます。会員の皆様にとりまして、2018年が素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。本年も三鉄応援のために皆さんで力を合わせていきましょう。

1月4日、三陸鉄道の御用始(運転系、駅業務系は年末年始休みなし)でした。毎年恒例の「安全祈願参拝」を宮古市の横山八幡宮にて社員総出で行いました。中村社長はじめ幹部社員の皆さんも、厳粛なご祈祷に新年の誓いを立ててきました。

午後、岩手県 達増拓也知事が恒例の年始の訓示のために三鉄本社に来られました。知事は三陸鉄道の会長でもあり、震災後は必ず御用始の日に三陸鉄道に来られ、社員の皆さんを激励してくれます。訓示は「安全運行」「住民鉄道」「2019年の163キロに向けた準備」など、知事らしい誠実でわかりやすい内容で、しっかりと方向性を示してくれました。
達増知事に中村一郎社長からプレゼントがありました。三陸鉄道の草野球チームで、日本ネスレ様が支援を続けている「キットドリームス」の公式ユニフォームです。背番号は「1」で、シアトルマリナーズの岩隈久志投手(キットドリームスのゼネラルマネージャー)の直筆サイン入りのユニフォームです。サイズはXO。達増知事がいかに大柄かわかります。背中には「1」のと「TASSO」のネームが入っています。

三鉄キットドリームスは、オーナーが三陸鉄道 中村一郎社長、監督が宮古市の山本正徳市長、ゼネラルマネージャーに岩隈投手という豪華版のチームです。本拠地は宮古市田老の新野球場で、震災に負けず「きっと夢がかなう」をスローガンに結成されました。目標は草野球日本一です。「目指せ草野球日本一」というラッピング列車が走るほど徹底しています。
2019年、三陸鉄道は大船渡市の盛(さかり)駅から久慈駅まで1本のレールでつながり、163キロのローカル線としては日本一長い鉄道会社となります。夢は大きく、沿線住民の復興のシンボルとして大きな期待と役割を担っていきます。とはいえ、固定費の増加など課題は山積しています。会員の皆様の益々のご支援、応援をよろしくお願いいたします。

会長の三鉄日記「三陸鉄道 熱烈応援者から新年松飾りの寄贈」

三鉄社員の皆さんが松飾りを持って記念写真を撮っています。この松飾りを送ってくれた方は、東京在住の方です。
実は、当会の会員さんではありません。東京にお住いの江口綾美さんという方です。震災後からずっと支援、応援を続けてくれています。また応援のために東京から何度も三鉄に足を運んでくれました。お仕事が生花店とのこと、この何とも言えない素晴らしいフラワーアレンジメント風の松飾りを制作し送ってくれました。写真は中村一郎社長、隣が村上総務部長、後は社員の面々です。早速駅待合室に鏡餅と一緒に置くことにしました。多くの乗客の皆様にお披露目します。そんなことで今回は、会員さんではありませんが、嬉しい応援シーンのご紹介です。

三陸鉄道は、本社総務系、事業部系の仕事納めが28日の本日です。とはいえ、正月の初詣号、初日の出号、こたつ列車、どべっこ列車などの企画の電話応対で大忙しです。多くのお客様に感謝と中村社長は今年最後の訓示をしました。来年はいよいよ最大の難関、最大のチャンスとなる2019年163キロの一貫鉄道化を目指す前年となり、様々な準備が秒読みとなります。日本一長いローカル鉄道会社となる一方、人口減少や経費の増大など課題、問題は山積みです。ひとつひとつ、しっかりと向き合い、解決しながら素晴らしい鉄道となってくれることを期待しています。当会もより積極的に応援していきたいと思います。皆様のご支援も大きな力です。本年も大変ありがとうございました。皆様にとりましても素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。

会長の三鉄日記  「 毎年恒例 佐羽根集落 秋祭りの三鉄応援金 」


三陸鉄道北リアス線 宮古から北上し4駅目に「佐羽根駅」があります。佐羽根地区は小さな集落で、高齢者が多く、現在は30名ほどが住んでいますが、独り暮らし世帯も数軒あるようです。
佐羽根駅から徒歩3分の線路沿いに「悠々亭」があります。ジビエ料理では沿岸一の人気店ですが、完全予約制で、予約がある時のみ宮古在住の中澤さん夫妻が店を開けます。その悠々亭の敷地で、毎年10月に秋祭りが行われ、カラオケ大会や集落の人たちの余興や地場野菜即売、鹿汁、熊汁の低額販売など行われます。その売上金の全てを毎年三鉄に応援金として寄贈してくれます。大変ありがたい三鉄の応援者です。写真中央は、三鉄の中村一郎社長。左が店主で猟友会会長の中澤さん、右隣が奥さんの百合子さんです。中澤さんご夫婦は当会の会員でもあります。
悠々亭は、中澤さんが仕留めた熊や鹿、釣り師でもある中澤さんが釣った鱒やヤマメ、百合子さんも取ってくる貴重な山菜、キノコなど4000円程度で熊汁食べ放題で料理は25種類以上と、まったく儲けなしの趣味的料理店なのです。三鉄を訪れた有名人の皆さんも、話を聞いて「行きたい」「次来るときに予約する」など大人気ですが、なかなか実行に移した方はあまりいません。会員の皆様、どうしても行きたいときは三鉄総務部の村上部長にお願いしてください。

会長の「三鉄日記」

あとひと月、酉年が終わり、新しい年、戌年になります。2017年、日本、世界、そして皆様の1年もいろいろあったかと思います。目立ったのは天災です。予測不能の突然の災害に、よそ事とは思えない危機感を抱いている方も多いと思います。三陸沿岸の危機は異常な海の状態です。海水温が高温のためか、秋刀魚、鮭、イカの主力魚種が不漁で、沿岸を支える水産加工業が痛手を負っています。なぜか、暖流系の魚介類が増えています。岩手の沿岸は、本来水ダコが大半でしたが、今、マダコがあちこちで揚がっています。伊勢エビが山田湾で獲れたなどのニュースも入ってきました。

三陸鉄道は、危機的経営状態にあります。観光客の減少は三陸鉄道に限らず、沿岸の観光事業者にとっても同様で、ホテル、旅館など売り上げの減少が続いています。大型復興工事の終了と共に、沿岸を支えていた工事関係者が引き上げていることも原因の一つです。三陸鉄道にとっては、「人口減少」が響いています。震災で減少した人口に加え、自然現象によって高齢者の人口も減ってきています。つまり利用者の減少が経営を圧迫しています。

そんな中でも、三陸鉄道の社員たちは「地域の鉄道であるべき」と毎日地域の人たちの利用を増やそうと奮闘しています。また三鉄の収益にはつながりませんが、「駅‐1グルメ」という沿岸の料理を紹介するパンフレットを製作しています。12月に発行される駅‐1グルメは12号になります。「地域を大切に」というポリシー溢れる活動です。

鉄道収入減を補うべき活動は様々な企画の発信にあります。中元、お歳暮のカタログもその一つです。地域の名産、名物を集めたお歳暮カタログを発行中です。どうか三陸鉄道の経営危機を皆様のお力で助けてください。当会も会員の皆様の協力によって微力ながらこうした三陸鉄道の企画を応援しています。お歳暮カタログは、当会事務局にもありますが、ご希望の方は三陸鉄道までお問い合わせください。皆様のご協力をお願い申し上げます。

  • 問い合わせ  三陸鉄道 本社 物産担当 菅野
  • 電話 0193-62-8900  e-mail kanno@sanrikutetsudou.com
  • 三陸鉄道を勝手に応援する会 事務局  高橋
  • 電話 019-613-3655  e-mai info@santetuouen.com