カテゴリー別アーカイブ: 会長の三鉄日記

三陸鉄道を勝手に応援する会プロデュース

三鉄黒字化プロジェクト「駅を有名にするプロジェクト」津軽石駅にモニュメント寄贈
8月31日、三陸鉄道新路線、旧山田線の「津軽石駅」に巨大な『鮭のモニュメント』を寄贈し、セレモニーを行いました。製作は当会会員の植野義水さん。ケヤキの大木で、2011年3月11日の大津波で久慈の浜に打ち上げられたものです。海から来た巨木、植野さんはとっさに海に帰りまた川に戻る南部鮭を想像し、3年の月日をかけて製作しました。無垢の巨木は総重量1.1トン。三鉄の施設作業員の方々10名が取り付けてくれました。31日には、津軽石鮭繁殖保護組合や地域の住民多数が参加し、盛大に設置式をおこないました。津軽石駅は、近くに津軽石川があり、昭和時代には鮭遡上の河川で全国一の漁獲量を誇り、地域住民は「鮭のまち」として長らく鮭を大事にしてきたところです。寄贈に当たっては、会員有志、岩手県庁有志、三鉄有志などからの寄付で運搬や設置を行いました。ご協力に感謝申し上げます。募金者銘板は、この鮭のモニュメント横に設置してありますので、寄付された方はぜひご確認に津軽石を訪ねてください。無人駅ですが、地域住民の方たちが、鮭のぬいぐるみを多数取り付け、また巨大な鮭のはく製などを展示しています。三鉄の列車からも見えますので、車内からも見学できます。

会長の三鉄日記 「こころ温まる金沢泉丘高校の学校新聞」

5月か6月ごろ、金沢市の高校生が「学校新聞」の取材ということで三鉄を訪れました。失礼ながら、学校新聞の響きから、学生さんたちの勉強の一つなんだろうと思っていました。真剣な取材、質問に少々驚きました。
それから2か月後、当会の事務局本部に郵便物が届きました。金沢泉丘高校新聞部からです。開封して新聞を見て驚きました。タブロイド判12Pの立派な新聞で、カラーページも含まれた本格的なものです。編集内容を紹介しますと、
特集「平成から令和へ 影響少なく泉丘生に定着」 フロントページ全面
「奨学金は自分への投資」「奨学金貸与型滞納率3.7%」「軽んじるな、地方自治の縮図」「鉄道は人と人をつなぐ」「金沢は鉄路により衰退した」「観光地として栄える街 金沢」
「才能を伸ばす才能を身につけよ」「恋愛は人間性を伸ばす」「スポーツ 生徒の活躍」など、実にしっかりした取材に裏付けられた本格的な新聞です。「学校新聞」という浅はかな知識から見ていた私は大いに反省です。
特集記事、見開き2pに及ぶカラー面に「鉄道は人と人をつなぐ」と題し、中村社長の単独インタビュー記事、そして「三陸全体を盛り上げる」という題で、当会の活動を詳しく、的確に記事にしていただきました。本当に高校生が?、そういえば取材が終わって地元に戻られたあとも、何度か「確認」の電話がありました。取材記者の鉄則通りの行動です。本来なら、皆様に全文をご紹介したいところですが、ホームページの関係上、雰囲気だけのお伝えになります。ご容赦ください。
最後に、金沢泉丘高校 新聞部顧問谷口先生、記者(生徒) 小幡さん、ありがとうございました。

会長の三鉄日記 〈 11駅目寄贈の動物駅員とAKB48 〉

当会が継続して進めている三鉄の駅を元気にする運動「動物駅員設置」は、7月20日に11駅目となる「吉里吉里駅」に設置しました。今回も会員以外の多くの方々(210名)からご協力をいただきました。募金のご協力に心より感謝申し上げます。

吉里吉里駅は、一貫鉄道となった旧山田線の宮古と釜石間にある無人駅です。駅の隣には、三鉄を園児が眺める円形の窓のある保育園として話題となっている「つつみ保育園」があり、設置当日のセレモニーでは、つつみ保育園の園児、先生など沢山ご参加いただき無事寄贈いたしました。ご協力いただいた方々の名前を書いた銘板をホームに取り付けましたので、機会がありましたら是非吉里吉里駅に見に行ってください。

また、8月1日にAKB48のメンバー6人が大槌駅で「三鉄応援大使任命式」のセレモニーを行い、その後大槌駅から吉里吉里駅まで三鉄に乗車し、動物駅員の前で記念撮影をしていただきました。
また一つ、三鉄の駅に名物ができました。


「 さんてつや 」 好調


三陸鉄道の初めてのショップ経営「さんてつや」が好調です。3月24日の163キロ新開通の日は用意した商品がほとんど売り切れたほど人気でした。その後も順調に推移し、三鉄人気を裏付けています。特に人気抜群の商品は、当会がプロデュースした「クロジカせんべい」と「クロジカ脱臭炭」です。「クロジカ商品を買って三鉄応援」の呼びかけが伝わっているようです。「クロジカせんべい」は1袋200円、4個入り化粧箱入り(オリジナル三鉄ポストカード付)が1000円とお手頃で、お土産に大量に購入する人も多くいます。当会会員で福岡からわざわざ駆けつけてくれた「阿久津さん」もたくさん「クロジカせんべい」を買って福岡に戻りました。感謝です。
「クロジカ脱臭炭」はすでに在庫が無くなってきています。三鉄久慈派出所の職員さんたちが手作業で作っています。炭も間に合わないようですが、人気になっていることはありがたいことです。会員の皆様もぜひ「購入して応援」を広めてくださいますようお願いいたします。

「さんてつや」内ショップ

「クロジカ 木まじめ脱臭炭」

三陸鉄道 「一貫鉄道開通まで、あと4日」 貴重な「8両連結シーン」


いよいよ今週土曜日に新開通が迫りました。三鉄の社員さんたちはあわただしく開業準備に大忙しです。開業式典、出発式、祝賀会のほか、旧JR山田線内の各駅の祝賀イベント、運行部は最後の訓練、新ダイヤへの対応。施設部は新駅などの再チェックと誰もが持ち場の仕事に追われています。宮古駅前には「最後の北リアス線乗車」を目的とした鉄道ファンがあちこちに見えます。
3月15日には、最初で最後の新型車両8両連結が行われました。鉄道ファンにとっては垂涎の光景とのことです。その貴重な写真をアップします。3月23日には、1000セット限定の全駅入場券シートが売り出されます。早朝から並ぶ人も相当多いと聞きます。関係者が横取りしないためのルールも厳格に決め、三鉄社員には「公正ルール」の徹底などのお触れが回っています。
3月23日は春の高校野球甲子園大会が開催されますが、三陸沿岸に限っては、「三鉄一色」の日になりそうです。報道関係者も押し寄せています。記念列車には100名ほどの報道関係者が乗車する予定です。華々しい開業ですが、その後が大変な道となってきます。大幅な沿岸の人口減少、高齢化、観光産業の衰退、水産業の苦労、高速道路開通など取り巻く環境は厳しいものがあります。
当会は、「三鉄黒字化プロジェクト=座長・齋藤徳美岩手大学名誉教授」を前進させ、黒字化に向けた協力体制を強化していきます。一朝一夕にはいかない難題ですが、単なる評論家に終わることなく、実行力を伴う提言、企画の立案を続けていきます。皆様からの応援も期待しております。当面は「クロジカせんべい」をご購入いただき応援してもらえればありがたく存じます。

貴重な新型車両8両連結シーン