会長の三鉄日記 2022-10-12

10月12日、ちょうど3年前、豪雨が襲い、三鉄の約7割が被害を受けた2019年台風19号災害でした。JR東日本から移管されたJR山田線の陸前船越駅付近の山田町海と鯨の科学館前の線路は、土台がすべて流失し、鉄路だけが宙に浮く悲惨な状態となりました。

東日本大震災以来、幾度も大きな災害に遭遇しながらも、その都度必死に立ち上がってきた三陸鉄道のスピリッツにいつも感動しています。

長引くコロナ感染も、ようやく落ち着くのかな、と思いつつも今年の冬を越さないと安心はできません。観光客の激減は、三鉄経営に大きな打撃となっていますが、ようやく全国旅行支援の開始、岩手県にも効果が出てくることを願っています。

 

当会は、「サントリー東北サンさんプロジェクト」の助成を受けて、第2回目の三鉄活用キャンペーンに取り組んでいます。東日本大震災から節目の10年を過ぎたとはいえ、油断せず、しかも過疎化が進む三陸一帯の活性化促進のために、大いに三鉄を活用しましょう、と呼び掛ける運動です。サントリー基金から助成をいただいていますが、資金的にはまだ不足しています。来年の1月から3月にかけて、当会が三鉄車両を10本貸し切り、沿線市町村ごとの「三鉄交流会列車」を走らせる計画です。つきましては、別紙のチラシにありますように、交流会列車の支援をお願いしております。ご寄付頂きましたら、年末発行予定の「三陸・三鉄次の10年NO2」の読本に、寄付者のお名前を掲載いたします。読本は「非売品」で限定数発行で、交流会列車に参加した住民の方に無償配布するものです。どうぞ趣旨ご理解の上、応援よろしくお願いいたします。

ご協力のお願い

ご協力のお願い 

三陸鉄道を勝手に応援する会 会長 草野  悟

 

「三陸鉄道応援」として岩手県が実施しているふるさと納税への寄附金
募集について

・ 三陸鉄道では、被災地の「今」を列車から「見て・聞いて・感じて」もらい、後世に震災の記憶と教訓を繋ぐ「震災学習列車」の運行等によるスタディーツーリズムに取り組んでおり、三鉄の代表的人気企画である震災学習列車は、これまでに7万6千人が利用してきました。当会は、この震災学習列車はじめ、三鉄ならではの三陸応援をバックアップしてまいります。下記は、その応援体制の一つである岩手県が企画したクラウドファンディングの内容となります。ぜひ資料ご確認の上、皆様の応援をよろしくお願い申し上げます。

【 三陸鉄道からの案内 】

・ この度、震災学習列車をはじめとしたスタディーツーリズムの魅力向上を図り、より多くの方々に被災地の「今」を知り、列車の旅を楽しんでいただくため、沿線の観光地や被災箇所等の動画制作と制作した動画を車内で視聴するモニター等の設置を行うこととしました。

・ それを受けて、岩手県ではこの取組を支援するためクラウドファンディング型ふるさと納税による寄附を募集しておりますので、ご案内申し上げます。

皆様からのご支援を心よりお待ち申し上げます。

・ いただいたご寄附は、岩手県へのふるさと納税となりますので、所得税・個人住民税からの一定額の控除や、岩手県外にお住まいの皆様へは弊社関連商品の返礼品をお選びいただけます。

詳細やご寄附のお申込みは、岩手県のホームページからお願いします。

https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1050599.html

会員および三鉄応援の有志の方々、ぜひご協力をお願いいたします。

三陸鉄道ならではの返礼品も「ここだけ」の貴重なものです。

三陸鉄道 名物中村社長が退任・新社長に石川氏

会長日記
会長 草野  悟

「三陸鉄道 名物中村社長が退任・新社長に石川氏」

約6年近く三鉄のかじ取りを行ってきた中村一郎さんが3月末で退社いたしました。4月から盛岡市の副市長として着任いたしました。中村前社長は、沿岸すべての首長、多くの住民から信頼も厚く、社員からも絶大な信頼と尊敬を得ておりました。人柄と行動力、的確な判断は、まさに群を抜くリーダーでありました。岩手日報では、異例の中村社長退任の号外を発行し、駅などで乗客に配布いたしました。三鉄の社長と言うよりも、日本ネスレがスポンサーとなっている三鉄の草野球チームのオーナー退団という記事ですが、内容は惜しまれて三鉄を退任という記事です。JR東日本山田線の移管による163キロのロングレール化、台風19号被害の対応や沿岸振興イベントへの対応など、数知れない大きな成果を上げてこられました。新社長には、我らが「三陸鉄道を勝手に応援する会」の初期からの会員でもある岩手県政策企画部の部長から石川義晃氏が就任いたしました。こちらも縁のあるシフトで、大いに楽しみです。石川新社長も人柄も良く、また岩手県沿岸広域振興局長、文化スポーツ部長などを歴任し、常時三鉄と関わってきたこともあり、周知の関係で社員も安堵しているところと思います。ともあれ、コロナ禍の中の新しい旅たちです。私も会長として、また三鉄の総合アドバイザーとして三鉄に席を置きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

三陸鉄道を応援する「三鉄沿線市町村とともに 次の10年へ」読本の完成

1月25日付の岩手日報朝刊に、当会の事業が取材、掲載されました。大きく取り上げていただき、また当会の趣旨もわかりやすく掲載していただきました。

当会の「黒字化プロジェクト」の事業の一環で、サントリーサンさんプロジェクト様はじめ、会員各位、そして応援者の皆様からのご支援で発行することができました。内容は、人口減少が進み、コロナ問題などで観光が衰退。三陸地域の「なりわい」が落ち込んできている中、東日本大震災から10年を経過し、それで復興が一段落、のようなイメージも出ているが、大事なことは「次の10年」であり、そのためには沿線の13市町村と三鉄が手を結び、ともに三陸の活性化に行動しましょう、と呼びかけるものです。

読本は5000冊印刷し、約3500冊を沿線13市町村の全職員さんに無償進呈します。また募金をしていただいた方々への御礼ほか市町村の公的施設にお送りします。

この読本をテキストとして、市町村の有志をお招きして「三鉄・次の10年へ 講習会列車」を2月8.9日、17日に運行します。講師は黒字化プロジェクトの座長「齋藤徳美岩手大学名誉教授」と「三陸鉄道 中村 一郎社長」「三鉄取締役 金野 淳一本部長」が担当します。

ますますオミクロンの脅威が広がってきており、油断ができない環境にはありますが、当会の目的の一つは「三陸鉄道の活用」にあり、セミナーや講習会、会社の忘年会や役員会など、いろいろなシーンで使ってもらえることを目指しています。その意味で沿線市町村の職員さんたちが、「使い勝手の良い三鉄」を学ぶことは、住民列車としての幅を広げることになります。

会員の皆様も、ぜひどしどし「貸し切り列車・2時間で1両26.000円(岩手県が半額補助)」を活用してください。